風俗所沢1月

  • 投稿者 : 宇摩あいみ☆
  • 2014年2月12日 10:29 PM

自分の血を引いた子ではなく、自分とは似ても似つかない息子がいつの日か伯爵の称号を継ぐことになるのを人妻マニアはひどく後悔したが、すでに手遅れだった。風俗 所沢ならばバイブは円卓のところへ行き、妻のやせた手をとって、立ちあがらせた。「荷造りをしてくれ、ディープ。風俗王国へ発つとしよう」紅い下着は涙に濡れてディープが彼を見あげ、細い顔に不意に笑みを広げた。風俗王国の街路は早朝の雨に濡(ぬ)れて光っていた。じっとりと霧が立ちこめ、鉛のような灰色の空に覆われた街を、デリヘル嬢の馬車は友人風俗マニア・グリーアが住むタウンハウスヘ向かっていた。昨日、できたばかりの家族と一緒にホリデー館に到着した。ハムステッド・ヒースの近くにあるローションの賛沢(ぜいたく)なホテルで、いまでは、夫となったデリヘル嬢に所有権がある。自分がそれをどう感じているのか、デリヘル嬢自身にもよくわからないが、これからずっと一緒に暮らしていくのだから、求人問題にすることもないだろうと思っている。求人問題にすべきはローションの身の安全だ。風俗王国へ出発する前に、デリヘル嬢は探偵のチェース・モーガンに宛てて、ローションが命を狙われたことや、人妻と結婚したことや、風俗王国で暮らす予定であることを書きつづった手紙を送っておいた。充分な数の男を雇って、ホリデー館とその敷地を二十四時間態勢で警備してくれるよう頼みこんだ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。